読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄旅行 後篇

f:id:Yoida:20140112143600j:plain

沖縄っつって青い空青い海の写真を掲げるのも照れくさくてね。透明度どやねん画像をお送り致します。

つめた~いけど、すぐ慣れるくらいの水温。上がってから足拭いて靴下履いたらすごくあったかかったけどね。ビーチはミッションビーチを少し見学させてもらって、エメラルドビーチでも遊んだ。エメラルドは人工ビーチだけど、なんのとても綺麗で美しい砂浜ですよ。水族館から歩いて行けて、水道もあるので便利。58号線沿いはビーチたくさんあるのでどこかしら寄れるんじゃないかな。

海に関しては、ビーチに寄った2日目はまあ晴れていて良かった。だけど、3日目海中道路という海を走る橋に行ったときは曇り空でだいぶ海の見え方違いましたね。あの透き通る青さ、透明さは晴れた日のものです。

f:id:Yoida:20140112131500j:plain

邂逅。

美ら海水族館、2度目ですが、あのくろしおの海水槽は大したもんですよね。

何度かレビューしていますが、すみだ水族館の中水槽はこれと同じ思想ですね。岩礁の裏やサイドからも楽しめるようにしてあって、これが魚の生態をよく再現してます。旭山動物園で話題になった「行動展示」ってやつですね。

しかし、そんな大水槽を誇る美ら海水族館も時代の波ってやつには逆らえませんね。近年の商業施設全般における爆発的なおしゃれ内装の氾濫に晒されてきた我々には2002年開園時のデザイン思想は通用しなかった・・・。各小水槽のおざなり感、一貫したコンセプトの欠如、設備の陳腐化など規模と需要に対して応えきれていない部分を感じました。

ちなみにこんな偉そうなコメントしてるけど、実は地方の萎びた水族館・動物園はわりと好きですね。ちょっと飼育環境が酷くて動物が可哀想な場所もあるのでひとくちに味があるとか言うことはできないけれど、それぞれグッとくるポイントがあることが多いです。

f:id:Yoida:20140113114000j:plain

古民家食堂てぃーらぶいの最高にうまい中身汁

おもったよりもディープな場所にある沖縄料理食堂。当然車で来る方がほとんどでしょう。最後「え?ここ直進?」と思うかもしれませんが、信じて突き進んでください。そこにあります。

いやこれがうまいのなんのって。

この汁、このやわらかモツ、たまりませんぞ。飲み干してしまうタイプのやつです。奥のネギ味噌炒めももちろんグッドテイストですが、僕はこの中身汁に魅了されましたね。

お土産におすすめな黒糖ドーナツもイケる。サーターアンダギー的な?ではあるんですが、この小さくてコロコロとした感じと、いい塩梅の黒糖加減がグッドです。黒ビールとかに良いんじゃないか。ウィスキーでもいけるかな?

定食で汁のA,B、おかずのA,Bを選んで組み合わせる感じの店です。いろいろな旅行本で紹介されてるのでオンシーズンは混むかもしれないけど、チャレンジする価値ありです!

 

記事にした他に、グスク観光(勝連城跡)や首里城観光、国際通りで成人式の派手な騒ぎに巻き込まれる、夕食と共に生島唄を聴く、ペットボトルさんぴん茶6メーカー制覇などありましたが、ざっくりと旅のハイライトをピックアップしました。

あとは、自宅用に飲み食いのお土産をいくつか買ってきたので、しばらくしたらそちらを紹介しますよ。

f:id:Yoida:20140113113610j:plain「てぃーらぶい」のんびりだよ。いい冬だな。