読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

L字プラグ

ブログ

SonyのXBA-1iPというイヤホンを買いました。ちょっと古いです。

イヤホン、イヤフォン、インナーイヤーヘッドホン、等々呼び方がたくさんあってややこしいですね。説明書に「イヤーセット」って書いてあるからこりゃなんのことかなと考えてみると、「ヘッドセット」のイヤータイプってことだ。マイク/コントローラーが付いてますからね。

品名のiPはiPhoneのことで、ちゃんとiPhone用って売り方してます。Sonyもそういう商売もするんですね。ちなみにコントローラーの無いXBA-1SLというタイプもあります。

違いはコントローラーだけではなくて、コードがY型かネックチェーン型かという部分もあります。Y型っていうのは文字通り、iPodでお馴染みの左右どちらのコードも耳から直接胸に垂らす形。見た目がY。ネックチェーンっていうのは、Sonyのウォークマン(MD時代お世話になりました)でお馴染み、片耳のコードが長くなっていて。首の後ろから回して耳に装着するタイプです。

見た目Y型が好きです。さらにiPhoneで使う場合は本体を持ち替えたりしまったり動きが激しいので、片側から首にかけてると取り回しがしづらいです。それを踏まえて、SLの方はネックチェーン型ですが、iPの方はY型でした。

これを買うに当たって悩んだのが、プラグがL字プラグだということです。

ここはやはり、iPhoneに馴染むスッキリすっと伸びたストレートタイプが良かったんですが、なぜかiPはL字プラグ。コントローラーは欲しいので、ストレートプラグのSLは選べません。AppleのIn-ear Headphonesは以前購入し(紛失し)たことがあり比較対象としてはちょうどいい製品だと思うのですが、今回はチャレンジしてみよう、と思ってXBAに決めました。

買ってみると、L字プラグ、可能な限りかっこよくつくってありました。

f:id:Yoida:20130917205607j:plain

なじむ。オーディオテクニカのような愚直なL字信仰というわけではないんですね。

(AT-CKM1000なんかのハイエンドクラスになるとプラグかっこいいけど)

 

性能については、詳しくはAmazonレビューとか見てください。簡潔にいうと、ボーカルがクリアで低音が控えめってとこです。奥ゆきもそこまで期待しないでください。

さっきのAppleのIn-ear Headphonesも同じバランスドアーマチュアっていう方式なんだけど、比べるとこちらの方がより中音域がクリアで、低音はAppleの方がまだあるという感じでしょうか。Appleはわりとマイルドな音なのに比べて、こちらは多少それぞれの音に個性がつきます。

一部レビューではハイハットなんかの高音域も良いといわれてますが、個人的にはやや軽すぎかなという気もする。まとめ方はAppleの方が万人向けで上手。その代り長所も多少削ってます。

2013年9月に購入して¥3980でした。定価の半額くらいじゃないかしら。